ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社

トップメッセージ

代表取締役社長 藤田元宏

改革スピードをさらに加速させて3社の統合シナジーを創出し、
新しいスーパーマーケットモデルへ向け、挑戦を続けます。

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社(以下、U.S.M.Holdinɡs)は、2015年3月に株式会社マルエツ、株式会社カスミ、マックスバリュ関東株式会社の共同持株会社として設立されました。3社による「融和」から「融合」へと舵を切り「事業インフラの共通化によるシナジーの最大化」と「消費者変化に対応した新しいスーパーマーケットモデル確立への挑戦」を基本方針として、成長し続けるために必要となる改革を推進しております。

わたしたちを取り巻く環境は、世帯数も世帯を構成する人数も減っていく未曽有の人口減少や高齢化の進展により、市場は縮小しつつある一方で、首都圏への一極集中が鮮明になり、異業種の参入など、これまでと異なる厳しい競争環境となっております。加えて、IoTやAIなどの新たな技術の飛躍的な進化や、インバウンド消費の伸長といった様々な環境変化が見られます。
このような状況下、成長戦略を描いていくためには、食のインフラを担うスーパーマーケットとしての存在意義を見つめ直し、ビジネスモデルを、いま一度整理し、再構築していくことが必要だと考えております。
また、ビジネスモデルの観点に加え、変化の中でこそ「お客さまの今」、そして「お客さまの次」を考える顧客視点が重要であります。
お客さまの生活が多様化してニーズも多岐に渡る現在、リアルの店舗を有するわたしたちに求められるのは、進化するIT技術への対応だけでなく、直接お客さまと接することができる従業員の人間性や多様性、地域社会での存在意義を高める社会性など、顧客接点のすべてを充実したものにして自主性をもって、お客さまのために行動することが必要になると考えております。

さまざまな視点から提供価値の創造を推進

2019年度はこれまでのシナジー創出を加速するとともに、さまざまな観点から顧客ロイヤリティを高める取り組みこそが成長エンジンになると考え、事業会社の枠を超えた組織横断型の研究会を設けて新しい店舗モデルや顧客ニーズの分析、新たなデジタル事業の検討などの取り組みを進めてまいります。

U.S.M.Holdinɡsは、事業会社の異なる部分を受容し、ビジネスプラットフォームを形成して融合していくことに舵をきりました。機能を再定義し、共有機能領域、情報共有領域、新機能領域の3つの役割を担うとともに、事業会社の共通機能、共通業務プロセスを統合し、改革スピードをさらに加速させてまいります。また、各事業会社が、地域に最適化した魅力あるスーパーマーケットとして店舗の個性を活かし、地域のお客さまから多くのご支持がいただけるよう、リーダーシップをもって提供価値の創造を推進してまいります。

今後ともU.S.M.Holdinɡsグループを何卒よろしくお願い申し上げます。