ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社

トップメッセージ

代表取締役会長 上田真、代表取締役社長 藤田元宏

変革と成長を続け、最も地域に貢献する企業を目指して

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社(以下、U.S.M.Holdings)は、2015年3月に株式会社マルエツ、株式会社カスミ、マックスバリュ関東株式会社の共同持株会社として設立されました。

わたしたちは現在2017年度を初年度に3年間を対象として策定した中期経営計画により、「事業インフラの共通化によるシナジーの最大化」と「消費者変化に対応した新しいスーパーマーケットモデル確立への挑戦」を目標にさまざまな取り組みを推進しております。

首都圏における人口の地域間格差や、世帯構造の変化、また高齢化や食生活の変化、ICTによる技術革新、人材不足によるコスト構造の変化など、わたしたちの事業環境の変化は加速度的に進んでいます。
特に、さまざまな業種の参入による競争の激化や昨今の労働環境の変化は、これまでの労働集約型ビジネスとして成り立ってきたスーパーマーケット事業が分岐点にあると実感しております。

めざましいスピードで技術革新や環境変化が進む時代を迎え、コスト構造そのものにメスを入れるというだけではなく、事業の成長エンジンとなるものをもう一度再構築し、新たなビジネスモデルを創造する必要があると考えております。

2018年度よりバックオフィス改革や事業インフラの共通化、新しいスーパーマーケットモデル確立のための検討、などを目的に組織体制を変革し取り組みを進めているところです。

地域に根ざしたスーパーマーケット企業として、事業会社3社の知見と人材を集結して変革と成長を続け、お客さま満足実現のために、地域社会に貢献できる企業市民として、より一層のご支持をいただけるよう改革を進めてまいりますので、今後ともU.S.M.Holdigsをよろしくお願い申し上げます。