環境・社会貢献活動

地域に根ざしたスーパーマーケットを展開する企業として、環境・社会貢献活動を通して楽しく暮らしやすい地域づくりに貢献するとともに、地域で愛され信頼される企業ブランドの創造を目指します。

環境負荷低減・CO2削減

フードバンク
フードバンク
カスミでは安全に食べられるにもかかわらず、さまざまな理由で廃棄される食品を、フードバンクを通じて必要とする方々に寄付する活動を「49店舗」で実施しています。
廃棄物排出量の「見える化」
廃棄物排出量の「見える化」
マルエツでは排出する廃棄物を店舗で軽量する廃棄物軽量管理システムを、マルエツ屋号店舗を中心に200店舗以上で導入しております。排出量が「見える化」されることで、従業員一人ひとりの「削減しよう」という意識を高め、廃棄物の削減に努めています。
カーボン・オフセット
カーボン・オフセット
マルエツでは、レジ袋を製造する過程で排出されるCO2(カーボン)を、東北の森林保全で吸収されるC02と埋め合わせする「カーボン・オフセット」を2014年から取り組んでいます。

社会貢献活動

盲導犬育成支援

募金活動による盲導犬の育成支援や、盲導犬に対する理解と支援を広げる活動を行っています。マルエツではお客さま向けに盲導犬訓練センターの施設見学会などを開催。また、1993年から継続実施している「盲導犬育成募金」を通じ、公益財団法人日本盲導犬協会への2017年度までの累計寄付額は約2億8,100万円となっております。カスミでは同協会のご協力のもと、盲導犬とふれあう「カスミ盲導犬フレンドクラブ」を定期的に開催しております。

東日本大震災復興支援

カスミでは、2011年より陸前高田市への支援活動を継続しております。復興支援カレンダー「明日暦」による全社のチャリティー活動も今年で7年目となり、集められた募金を陸前高田市立小中学校復興基金に寄贈。7年間の募金総額はおよそ1億757万円となりました。また2012年より継続している「陸前高田七夕まつり体験学習」では、毎年8月7日に行われる七夕まつりに合わせ、出店エリアの小学生たちとカスミ新入社員が2泊3日で現地を訪問。七夕まつりの準備を手伝い、参加することで、現地の人と交流を深め、人と人との絆の大切さを学びます。

幸せの黄色いレシート

マックスバリュ関東の各店では、イオン「幸せの黄色いレシート」の取組みを継続し、毎年、「3月9日〜11日」の3日間に、東日本大震災の被災地の子どもたちを応援する「黄色いレシートキャンペーン」を実施しています。お買い物を通してお寄せいただいたお客さまの想いを届けます。

第3期決算のご報告 トピック一覧
最上部へ移動