ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社

おぼろ昆布巻き寿司2種・夏野菜の冷やし鉢

  • おぼろ昆布巻き寿司2種・夏野菜の冷やし鉢
  • 私がおすすめします
    • マルエツ いーとぴあ
      和田さん
    • 一新さん

    おぼろ昆布巻き寿司2種・夏野菜の冷やし鉢

    <おぼろ昆布巻き寿司2種>
    太白のおぼろ昆布は具材を変えてバリエーションいろいろ。お弁当やホームパーティにもおすすめ。
    薄く削られていて口に入れると柔らかいのですが、1枚の形が整っていて巻き寿司に使いやすく、やさしい昆布の風味が楽しめます。

    <夏野菜の冷やし鉢>
    暑い時期に味の滲みたこうや豆腐や油と相性の良いなすと一緒に太白のおぼろ昆布をトッピングして食べごたえのある冷やし鉢です。白いだしを使って美味しく時短。
    太白のおぼろ昆布は酸味をあまり感じないので、太白のおぼろ昆布はお料理や汁物に使いやすく昆布の優しい風味が味わえます。

今回使用した商品

材料・作り方

おぼろ昆布巻き寿司2種

材料(2本分)
作り方
  1. <すし飯の準備>
    (1)飯台に炊き上がったごはんをあけ、全体にすし酢をまわしかけるようにごはんを混ぜ、うちわであおいで人肌に冷ましておく。
  2. <具材の準備>
    (2)卵焼きは1cm角の棒状に切る。しばづけは粗みじんに刻む。きゅうりはたてに4等分に切る。しいたけは石づきをとりスライスし、Aと耐熱容器に入れ電子レンジで1分30秒加熱し冷ます。
  3. (3)アボカドは皮と種をとり1cm幅に切る。クリームチーズは20cmの棒状にする。
  4. <仕上げる>
    (4)巻きすに海苔をおき、巻き終わり1cmを残しすし飯を均等にひろげる。おぼろ昆布をすし飯の上に広げ、ラップをかけ、裏に返す。海苔面に(1)と同じように巻き終わり1cmを残しすし飯を広げる。
  5. (5)★の具材を中央より手前におき、手前からしっかりと巻く。☆の具材も同じように巻く。
  6. (6)等分に切り器に盛る。

夏野菜の冷やし鉢

材料
作り方
  1. (1)高野豆腐は水で戻し押しあらいして4等分に切り、鍋に白だしと水と一緒に入れ火にかけ落し蓋をして沸騰してきたら弱火にして5分煮て冷ます。
  2. (2)なすはヘタを取り縦半分に切り表面に切り込みを入れてから縦半分に切る。パプリカは種を取って食べやすい大きさに切る。
  3. (3)バットや大き目の器に白だしと水を入れる。
  4. (4)オクラはヘタと額の部分をきれいにして板すりして熱湯で茹でる。
  5. (5)揚げ油を170°Cに熱し(2)のなすとパプリカを素揚げし油をきる。
  6. (6)(3)の汁に(4)と(5)を浸し味を馴染ませる。
  7. (7)器に高野豆腐、野菜を盛り付け汁を注ぎおぼろ昆布を天盛りする。
レシピ一覧へもどる